不妊治療は計画的に始めよう|費用を把握して妊娠を目指す

医者

女性の辛い症状には

看護師

生理痛に効果がある

健康的な女性には、一月に一度のペースで生理が訪れます。女性の生理時の悩みとして、生理痛を挙げる人は数多くいます。腹部を中心に痛みを感じるので、仕事や家事などに集中できなくなります。大阪の婦人科クリニックでは、生理痛に悩んでいる人にピルを処方しています。ピルは避妊薬として認知されていますが、生理痛の痛みを緩和する作用もあります。その理由は、ピルに含まれるホルモンが子宮内膜の増殖を抑えるからです。生理痛は、子宮の収縮を促す物質が過剰に分泌されて、子宮の収縮が強くなる事で起こります。ですが、ピルを飲む事で、子宮内膜の増殖が弱まり、生理前後の痛みが軽くなります。ピルを正しく服用するだけで、一月に一回の生理痛を緩和できます。悩んでいる方は、大阪のクリニックに相談してみると良いです。

その他のメリットとは

ピルの普及率は、大阪を含む日本ではあまり一般化していないです。その理由は、大阪ではクリニックからの認可に時間が掛かる、不自然という意見が多いからです。ですが、実はピルを飲む事で、生理痛の緩和以外にも色々な利点があります。そのひとつは、乳がん、卵巣がん、子宮内膜症などの婦人科系疾患を予防できる事です。最近では、女性の出産回数が減ったことで、生涯の排卵数が増えています。その影響で、子宮内膜症などの婦人科系の疾患を発症する女性は多くなっています。ピルには、排卵を減らす作用があるので、婦人科系の病気を予防できます。それと、ピルを飲むと、肌トラブルを起こす黄体ホルモンの働きを抑えられます。よって、季節変わりに多い吹き出物などのトラブル予防にもなります。